母乳のメリット

母乳育児がいいというのも概念のひとつとして捉えれば、別にその通りやらなくてもいいのでは?と思われるかもしれません。しかし、母乳育児はヒト以外の哺乳類ならば必ずやっていることで、生物としては自然の姿ですから、いいことだからやるのではなくて、当然やるべきことといっても良いでしょう。

さらに母乳がなぜ良いのかというと、母乳には赤ちゃんの成長を支えるために絶対的に必要な栄養素がたくさん含まれているからです。逆をいえば、母乳を与えなければ赤ちゃんは必要な栄養素が不足してしまう危険性があるということでしょう。

母乳に含まれている栄養素は、乳糖や脂肪、タンパク質、ビタミン、ミネラル、カルシウムなど、身体をつくるために必要不可欠なものばかりです。これを市販の用品で補おうとするととても手間がかかりますが、母乳はすべてを網羅しているので何を加える必要もないのです。

最近の育児用ミルクは栄養素の面に関していえば、母乳と遜色ないところまでクオリティが高くなっているといわれています。しかしながら、赤ちゃんがさらに必要としている外敵から身を守るための抗体や免疫物質までは補うことができません。母乳にしか含まれていないのです。

また、母乳は赤ちゃんの未完成な内臓にもとても優しく作用し、それらを丈夫に成長させる役割をしっかりと果たします。人工的なものではとても太刀打ちできない力が母乳にはたくさん凝縮されているのです。

 

授乳についての注意点

母乳が素晴らしいことは理解したとしても、実際に授乳するにあたり数々の不安にみまわれることも事実です。実際に赤ちゃんがどれだけの母乳を飲んでいるのか。自分の母乳は十分な量出ているのか、いわゆる”母乳不足”という状態に悩む方も少なくはありません。

外部サイト[母乳不足を解消するハーブティー – 授乳・乳腺炎対策ブレンド

母乳不足か否かは実は明確な判断基準はありません。赤ちゃんが母乳を飲む量は毎回異なりますし、個人差も当然あります。もっともヒントにしやすいのは赤ちゃんの体重がなかなか増えない、あるいは増加が遅いといったポイントです。

もし、体重増加に問題がなければ、母乳が足りないということは心配する必要がありません。赤ちゃんが毎回飲む量が違うことも当然のことで、それは私たちが食事する量が毎回違うこととまったく同じです。しかし、1日に飲む総量は毎日ほぼ一定であるという原則はあります。気をつけるのであれば、1回1回の量ではなく1日の総量についてです。

毎日、赤ちゃんが母乳を欲しがる回数も異なるでしょうし、飲む量も違う。もっとも大切なのは母親の都合ではなく赤ちゃんが母乳を欲しがるサインとともに授乳をすることです。欲しがる回数が少ないことや、飲む量が少ないことでいちいち気にすることはありません。

ほんのすこしの変化だけでも不安になり、育児用ミルクに切り替えてしまう母親もいるようですが、赤ちゃんの日々の成長を長い目で見てあげることを、ぜひ心がけて欲しいのです。母乳が少ないのでは?と授乳に不安がある場合は、赤ちゃんの体重チェックをしてその結果から読み取るようにしてください。

授乳の重要性

母乳育児の重要性は、さまざまな観点からさかんにいわれています。母乳で赤ちゃんを育てることは生物学的にももっともナチュラルな姿ですし、母乳には赤ちゃんに必要な栄養や免疫物質がたくさん含まれています。そしてなんといっても授乳という行為が、赤ちゃんと母親の絆を深めることは間違いありません。

しかし現代では働く女性が増加し、育児に割く時間が減少しているせいか、育児を軽減するグッズや方法が次々と登場、広く浸透しています。ベビー用品はどれも便利で母親の負担を軽くするという意味ではとても有効的なように思えます。しかしながら、このような便利なものたちが増えることで、母親の母乳育児に対する考え方や、正しい授乳の知識が乏しくなっているということが不安要素として問題になりつつあります。

母乳育児について、意外にも多くの女性が正しい授乳方法を知らないといいます。先述した通り、便利なベビー用品が正しい母乳育児を避ける結果を生んでいるというのです。たとえば母乳にかわるような育児用ミルクの性能がどんどん改良され、栄養価的にはあまり遜色ないとうたわれていると、母乳はあげなくてもミルクで大丈夫という誤った考え方を持たれがちです。

育児の知識も必要以上に入手できてしまうのが、現代の恐ろしいところです。インターネットの普及により、いつでもどこでも困った時にはネットでわからないことを調べられる時代。育児に関することは実践よりも知識から身につけてしまうためか、「こうあるべき」とか「こうでないと間違っている」といった偏った概念を生んでしまいます。

偏った概念は、万が一自分の子どもが書かれていた知識と違った行動をとった場合に、「人と違うのではないか」といった誤った不安を植え付ける危険性があります。また母乳育児について、授乳のサインや回数といったことも実は個体差がありますから、書かれた知識のようにいかないこともたくさんあります。

概念にこだわることは母親の都合によるものです。しかし授乳は誰のためのものですか?誰よりも何よりも赤ちゃんのためのものです。知識よりも大切なことは実践。目の前にいる赤ちゃんの反応こそが授乳にはもっとも重要なことといっても過言ではありません。